2006年09月16日

アクセスアップ・テクニック ゴールド・エディション

> アクセスアップ・テクニック ゴールド・エディション

すべてのサイト管理者の願い
それは人気サイトになることでしょう。せっかく苦労してサイトを作ったのに、閑古鳥が鳴いているようでは何のために作ったのかわかりません。ましてやビジネス目的のサイトならなおさらです。アクセス数=売り上げは厳然たる事実なので、なんとしても多くの訪問者を獲得したいというのは切実な願いでしょう

SEO代行会社の実態
そこで登場するのが SEO(検索エンジン最適化)です。ご存知のようにWebの世界ではYahooとGoogleの2大サーチエンジンがダントツの力を持っています。この2つさえ攻略できれば、それ以外のサーチエンジンは無視してもかまわないくらいです。Yahooの場合は掲載されないことにはどうしようもないので、そのためのテクニックが色々研究されています。またビジネスサイトに限っていえば、ビジネスエクスプレスを利用することによって、比較的簡単に掲載されやすいのも事実です。しかし2005年の10月よりYahooの検索システムが大きく変更され、掲載サイトにとっては大打撃となりました。従来の検索結果は掲載サイトが優先的に上位表示されていました。それが現在では、Yahoo独自のサイト評価基準で検索結果が大幅に変わってしまったのです。掲載サイトということで惰眠をむさぼっていたサイト管理者にとっては、この変更はまさに死活問題となりました。Yahoo対策としてもSEOの必要性がクローズアップされたのです。

Googleにおいては、まさにSEOなしでは上位表示は期待できません。Page Rankを上げるテクニックや、キーワードの選び方のテクニックがGoogle攻略の鍵となります。
このようにサーチエンジン攻略にはSEOが欠かせないものとなったのですが、誰でも簡単にSEOができるというわけではありません。バランスのよいやり方をしないとスパムサイトとみなされ、最悪の場合サーチエンジンのデータベースから除外されることさえあるのです。こうなるとそのサイトはほぼWeb上で抹殺されたのと同じなので、ドメインを取り直すしか方法がなくなります。そこで登場してきたのがSEO代行会社です。


ためしにGoogleで「SEO」で検索してみてください。検索結果を見れば、1ページ目に表示されたサイトのうち、半分くらいは業者以外のサイトだとわかります。SEOを売り文句にしているのならば、1ページ目にはすべて業者のサイトが表示されてもおかしくないはずですが、実態はこの程度です。SEO代行会社は星の数ほどありますが、1ページ目に自社のサイトを表示できないようであれば、その実力など知れたものです。これくらいSEOというのは難しいものなのです。


従来のアクセスアップ方法
サーチエンジン対策以外にアクセスアップを図る方法としては、相互リンク、ランキング参加、掲示板書き込み、メルマガ発行、トラフィックエクスチェンジなどいろいろあります。ですが、どれも手間がかかる割にはその効果は微々たるものでしかありません。
また、アドワーズやオーバーチュアのような広告出稿もアクセスアップの方法ですが、費用の割には効果は期待できません。ちなみにこれらの広告クリック率は1パーセント以下です。やはりSEOを駆使して、2大サーチエンジンを攻略するしか方法はないのでしょうか?


SEO不要の極秘テクニック
そんなことはありません。立ち上げたばかりのサイトでも、ごく短期間に大幅なアクセスアップが可能な方法があるのです。それが「Webサイトのアクセスを短期間で劇的にアップさせる方法」です。ノウハウに関わることなので、その内容に関してはご説明できませんが、まずはこちらをご覧ください。
これはこのテクニックを用いてアクセスアップを図ったデータです。効果のほどが一目瞭然でしょう。しかもこのテクニックの素晴らしいところは、費用が一切かからず、しかも手間いらずで継続的にアクセスを呼び込んでくれるのです。まさに夢のようなテクニックです。

迷っている時間はありません。こうしている間にもライバルは、着々とアクセスアップの秘策を練っているかも知れないのです。さあ、あなたも今すぐサイトのアクセスアップを図って、ネットの勝ち組になってください。


> アクセスアップ・テクニック ゴールド・エディション

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。